新築戸建(建売)の仲介手数料は「無料」にできる!

道路の突き当りに並ぶ新築戸建

新築戸建を探していると、『仲介手数料 無料』というフレーズを目にすることがあると思います。

  • なぜ「無料」が可能なのか?
  • 「無料」ってことは何か裏がありそうで怖い。

そう思った人は多いのではないでしょうか?

その理由は、仲介会社が建売会社(売主)からだけ仲介手数料をもらっているからです。

少しわかりにくいかもしれませんので、今回は仲介手数料無料について、もう少しわかりやすく説明していきます。

5,000万円の新築戸建で約150万円かかる仲介手数料。

ここで理解して150万円の節約にお役立て下さい。

関連:新築戸建(建売)の 仲介手数料の計算結果(価格別)

そのためには、まず仕組みを知ることです。

簡単な仕組みなので必ず覚えておくべき知識です。

あなたから仲介手数料をもらわないから「無料」

仲介手数料が無料のため、お客さんであるあなたからは仲介手数料をもらいません。

そういったサービスを提供している仲介会社は、今やとても多く存在します。

仲介手数料は新築戸建の価格の約3%です。

  • 4,000万円なら約120万円
  • 5,000万円なら約150万円
  • 6,000万円なら約180万円

これが0円になるため、買う側にとってはものすごくメリットがあります。

ではなぜ無料にできるのか?そこについて解説していきます。

建売会社からだけ仲介手数料をもらうから「無料」

実は新築戸建の売買では、売る側(売主)の建売会社から仲介会社にも3%の仲介手数料が支払われるのです。

(※ごく一部支払われない物件もありますが少数です)

もうおわかりかもしれませんが、お客さんからもらわずに、建売会社からもらう仲介手数料のみを利益として仲介業務をおこなっているのです。

今後はこの形の取引がよりいっそう一般的になっていくはずです。

むしろ今もだいぶ浸透しているのですが、まだまだ知らない人が多すぎます

正直、「もったいないなぁ」と感じています。

 

なぜ建売会社が仲介会社に仲介手数料を払うのでしょうか?

一言で言ってしまえば販売に対する経費です。

  1. お客さんの集客
  2. 現地へのご案内
  3. 物件調査
  4. 契約書作成
  5. 住宅ローンの段取り
  6. 引き渡しまでの業務サポート

などなど簡単に書きましたが、集客から契約、さらにお引き渡しまでは非常にやることが盛りだくさんです。

これを「仲介会社会社へ任せた!」とする経費として仲介手数料を払います。

(実際、契約後~引き渡しまではとてもやることが多いです)

新築戸建の仲介手数料の流れを整理

「→」が仲介手数料の流れになります。

①通常のケース

新築戸建の売買において、もっとも一般的な形です。

 お客さん→仲介会社←建売会社

仲介会社はお客さんからも建売会社からも仲介手数料をもらいます

両方からもらいますので、仲介会社の利益は3%×2=6%。

5,000万円の新築戸建であれば300万円です。

けっこうもらっていますよね。

②仲介手数料無料のケース

 お客さん 仲介会社←建売会社

一方、仲介手数料無料の形では建売会社からだけもらいます

仲介会社の利益はそのまま3%。

5,000万円の新築戸建であれば150万円です。

 

まとめ

仲介手数料無料で新築戸建を購入することは非常に価値があることです。

そのことを知らないというのは非常にもったいないと思います。

今回の話で、仲介手数料「無料」は理解できたと思います。

誰でも簡単に理解できる単純なしくみです。