新築戸建(建売)の仲介手数料「不要」ってどういう意味ですか?

曲線道路沿いに建つ2棟の新築戸建

新築戸建の仲介手数料「無料」について前回は書きました。

今回は仲介手数料「不要」についてです。

意味は簡単で、仲介会社が間に入らないので仲介手数料はかからないということです。

無料と同様に不要の仕組みも知っておけば、仲介手数料3%を払わずに購入できます。

私も不動産会社の人間です。マイホーム購入時は、もちろん仲介手数料を払っていません。

5,000万円であれば、約150万円(3%)かかる仲介手数料を節約できるため、ぜひ覚えておくべきです。

仲介手数料「不要」は仲介会社が間に入らない

通常のケース

仲介会社というのは、買う人と売る人(建売会社)の間に入り、新築戸建の売買をまとめます。

新築戸建販売の流れはこのようになります。

 建売会社⇒仲介会社⇒お客さん

建売会社が手がけた新築戸建は、仲介会社を通して、あなたへ販売されます。

ここまでは理解できていると思います。

仲介手数料「不要」のケース

一方、不要のケースでは仲介会社は存在しません。
流れは、

 建売会社⇒お客さん

建売会社があなたへ直接販売します

その場合、間に仲介会社がはいらないので、当然仲介手数料はかかりません

よく、

  • 「仲介手数料 不要」
  • 「当社が売主のため仲介手数料はかかりません」
  • 「売主直売」

などの宣伝をしている新築戸建がこのタイプに該当します。

「売主」とは、売る側のことです。

新築戸建の場合の売主は、土地に建物を建てて売る建売会社になります。

ここでよくある質問のご紹介です。

Q:仲介手数料不要だし、売主から直接買えばいいってことですよね?

その通りです。間違いありません。

ただし、前回の仲介手数料「無料」の時にも少し触れましたが、売主である建売会社はみんながみんな直接販売するわけではないのです。

理由としては、販売活動にはコストがかかりますし、契約が終わってから引き渡しをするまでの段取りや業務にも人件費がかかるからです。

なので「仲介会社に売るのを任せ、仲介手数料を仲介会社に払う」としている建売会社が多いのです。

ほとんどの新築戸建はこういった販売を任せる方式をとっています。

仲介手数料「不要」のまとめ

売主である建売会社が直接あなたへ販売すると仲介手数料が不要です

それは仲介会社が間に入らないためです。

ただし、売りに出ている物件はかなり少数です。

 

3%の仲介手数料はとても大きな金額です。

今回の「不要」と前回の「無料」を必ず覚えておくべきです

それでは、次の記事で具体的にどのように新築戸建を探すのかについて話していきます。

新築戸建を3%安く買うために読んで欲しい4つの記事

  1. 新築戸建をよりお得に安く買うためのたった3つの方法
  2. なぜ新築戸建の仲介手数料を「無料」にできるんですか?
  3. 今このページです
  4. 仲介手数料0円で新築戸建を買うための具体的な物件の探し方




サイト運営会社

新築戸建を仲介手数料無料で購入
新築戸建を仲介手数料無料で購入