新築戸建(建売)の仲介手数料を「払いたくない」から「払わなくていい」時代へ

赤のバツ印が書かれた札をあげている白い服を着た女性

「新築戸建(建売)を買いたいけど、約3%の仲介手数料は高いから正直払いたくない」

実際、不動産会社の人間である私でもそう思います。

仲介手数料は4,000万円の新築戸建で約135万円ほどかかるため、こう思うのも無理はありません。

そこで今回は、新築戸建(建売)の仲介手数料を払いたくないと考えている方へ、具体的な買い方について解説していきます。

払いたくないというのは、全くもって、ずるい考えなどではないということについても分かって頂けます。

新築戸建(建売)の仲介手数料を払いたくないと考えるのは普通です

まず初めに、このサイト新築戸建.comでは、「新築戸建購入について、ほとんどの物件で仲介手数料は0円にすることができます」というのを、サイト全体を通して解説しています。

そのため、今回の本題である「仲介手数料を払いたくない」という要望は、結論として普通に解決できるということになります。

このあたりは、新築戸建(建売)をよりお得に安く買うためのたった2つの方法で書いていますが、今回の「払いたくない」について、ここでも解説していきたいと思います。

「仲介手数料は払いたくない」→「払わないで買える」ということがわかります。

 

仲介手数料は新築戸建価格の3%強かかります。

これは実際に数字で確認すると、非常に大きな額ということがわかります。

実際に自分の予算の新築戸建を買った場合にかかる仲介手数料の額を把握していない方は、まずは新築戸建(建売)の 仲介手数料の計算結果(価格別)で確認してみて下さい。

正直さすがに「払いたくない」と思ってしまいます…。

 

この「払いたくない」というのは、なんだか悪いこと、ずるいことをしているように聞こえるかもしれません。

しかし、払わない買い方というのは全くもって悪かったり、ずるいようなことではありません。

まずはこのあたり、誤解しないようお願いします。

結局は「買い方」次第です。

仲介手数料を払いたくないなら2つの買い方しかない

私自身、不動産売買に携わってきましたが、まだまだ不動産を買うときの買い手側の知識が浅いと常々感じています。

それでは、本題の仲介手数料を払わなくていい買い方を解説します。

結論として、2つの買い方しかありません。

  1. 売主から直接買う
  2. 仲介手数料無料の仲介会社から買う

①売主から直接買う

まずは、売主から直接買う方法です。

直接買うことで、仲介会社が間に入りませんので、仲介手数料そのものがそもそもかかりません。

日用品の買い物でいうと、スーパーではなく直接問屋から買うといったイメージです。

しかし、こういった売主が直接販売している新築戸建というのは数が非常に少ないというのが現状です。

販売にあたって「売主のため仲介手数料はかかりません」や「売主直売」などと、うたわれている物件がこのケースです。

こういった新築戸建では仲介手数料は払う必要がありませんので覚えておきましょう。

詳しくは、新築戸建(建売)の仲介手数料「不要」とは?でも書きましたので、時間がありましたら参考下さい。

②仲介手数料無料の仲介会社から買う

続いては、仲介手数料の無料をサービスとしている仲介会社を通じて買うというものです。

読んで字のごとく、無料のため、仲介手数料を払う必要は当然ありません。

世の中に流通しているたいていの新築戸建はどこの不動産会社でも取り扱うこと(仲介)ができます。

そのため、仲介手数料無料をサービスとする仲介会社を通じて買えば、払う必要はないということになります。

売主が販売手数料を成約時に仲介会社へ払うため、こういった無料サービスを提供する仲介会社も年々増えてきました。

このあたりは、なぜ新築戸建(建売)の仲介手数料を「無料」にできるんですか?にて詳しく書きましたので、時間があれば参考下さい。

結論として、たいていの新築戸建は仲介手数料無料の仲介会社にお願いすれば、仲介手数料を払う必要がなく買うことができるということになります。

それだけ知っていれば、問題ありません。

仲介手数料無料の会社って仕事がいい加減では?

仲介手数料を無料にするのだから、サービスの質が悪かったり、いい加減な仕事をするんじゃないかと心配をする方も多いです。

しかし私の経験からすると、無料だろうが無料じゃなかろうが会社次第、担当者次第です。

これは不動産業界以外の業界でも全く同じことが言えるはずです。

会社のスタンスが根源にあり、その次に各スタッフのスタンスがあります。

そのため、仲介手数料が無料だからというのは全くもって関係ありません。

そもそも利益は確保できるビジネスモデルだからです。

仲介手数料を払いたくないのは不動産会社に勤める人間も同じ

ここで、そもそも不動産会社に勤めている人って、自分の家(今回は新築戸建とします)を買う時に仲介手数料を払っているの?という素朴な疑問が出てくるかもしれません。

答えは「当然払いません」

ここまで読み進めたのであれば、わかると思います。

自分が勤める会社を通じて新築戸建を仲介手数料を無料で買うことができるためです。

自分の会社は売主からでる販売手数料を収益としますので、自分も会社もまさにwin-winの関係となります。

仲介手数料を「払いたくない」から「払わなくていい時代」へ

ここまで読んで頂いた方はわかると思いますが、今後、情報社会がどんどん進化していき、新築戸建の仲介手数料は払わなくていい時代がくると私は考えています。

あくまで、他の不動産売買ではどうしてもか払わなければなりませんが、新築戸建についてはむしろ「まだ払う人達がこんなにいるのか」と日々思っています。

そうなってくると、「払いたくない」というのはもはや死語となっていくはずです。

先にも述べたように、「払わない」=「ケチ」では決してありません。

買い方を知っていれば、こと新築戸建購入については、大抵は仲介手数料は無料となります。

 

新築戸建を探している方々は、大半が子供がいるか、結婚し、これから家族が増えていくという状況下です。

毎日のスーパーでも野菜の価格を確認したうえで、購入を判断するはずです。

ですが、新築戸建購入の時の仲介手数料についてはどうでしょうか?

まだまだ、知識として知らない人たちが多く、約3%を当たり前に払っています。

知っているか、知らないかだけです。

4,500万円の新築戸建では155.1万円になります。

参考:新築戸建(建売)の 仲介手数料の計算結果/価格別

毎日のスーパーでの野菜選びに加えて、こちらについてもしっかりと知っておくべきです。

 

恐らく、今の子供たちが大人になる頃には、新築戸建を買うときの仲介手数料は払わないというのが当たり前の時代になっているはずです。

技術が進み、情報に触れる機会も多い時代に突入していきます。

不動産会社もそういった時代にあわせ、もはや新築戸建の仲介手数料は頂かないというスタンスにシフトしていくはずです。

むしろ、なぜ今の時点でそうなっていないのか不思議なくらいです。

残念ながら、主要な新築戸建購入層である30代・40代の世代に知らない人たちが多いため、こういった状況であると言えます。

 

近い将来では、新築戸建(建売)の仲介手数料は払わないものとなるはずですが、結局は、今現在でも知っていれば同じことです。

A不動産では約130万円の仲介手数料がかかるが、2軒隣にあるB不動産では0円、というのが今の新築戸建販売の現状です。

物件価格は同じでも、残念ながら、その差はとてつもなく大きなものです。

ここまで読んで頂いたあなたには、理解しておいてもらいたいです。

そして新居を持ち、家族、子供の未来のために、そのお金を利用して下さい。