新築戸建(建売)は300万円値引きできるって本当!?

電卓を差し出し相対で値下げ交渉をしている

「新築戸建を購入するときは300万円値引きできる」という話や情報を時々みることがありますが、事実、これには具体的な根拠は一切ありません。

なぜ300万円という数字がでてきたのでしょうか?

こういったネット情報や口コミの一人歩きによって、間違った認識のままでいるのは少しよくありません。

そこで今回は、『新築戸建は300万円値引きできる説』について。

参考にして頂ければ幸いです。

300万円値引きすることは難しい

結論が最初に出てしまいましたが、300万円の値引きは難しいです。

『新築戸建は300万円値引きできる!』という無責任な情報が一人歩きした結果の誤解です。

売主(建売会社)が初めから300万円値引きできる用の価格をつけるはずもありません。

そのため、こういった情報を鵜呑みにしない方が賢明です。

このあたりについては、新築戸建の値引き相場も参考下さい。

とはいっても、時にはタイミングなどによって300万円の値引き交渉が通ることもあります。

これはこれで「ついていた」と考える成功事例です(たまたま時期やタイミングがマッチしたなど)。

関連:新築戸建の値引き率は時期とタイミングによって違う!【お得情報】

 

結論からいうと、『新築戸建の値引きは300万円できる』説は真実ではありません

300万円も値引きできない理由

いくつか理由をあげてみたいと思います。

そもそもそんなに利益は大きくない

通常、新築戸建の利益はいくらくらいあると思われますか?

売主である建売会社の考え方や土地の仕入れの原価などの影響をみていくと、平均の平均は500万円くらいといったところです。

新築戸建分譲はすぐ建てて、すぐ売るという、スピード型のビジネスはできないため、半年~1年スパンでの事業計画が普通です。

そんな中でよっぽどの理由でもない限り、300万円の値引交渉に応じるということはありません。

金額設定を高くしているとは限らない

不動産は金額が大きいので「300万円くらいは値引きしてくれるだろう」と思うかもしれませんが、売主も売れる価格設定を心掛けています。

より高く売りたいのが本心ですが、高すぎると今の時代はインターネットで相場を把握しやすくなっているため、お客様がすぐに高いとわかってしまいます。

さらに、価格帯(4,000万円~4,500万円)といったような幅で物件検索するようなポータルサイト(スーモ・ホームズ・アットホームなど)が主流です。

売主からしてみれば、その価格帯の範囲を飛び越えて掲載していたら、探しているお客様の目に入らないというリスクが高まります。

そのため、「明らかに高い価格設定をしておき、値引き交渉に応じる」といったスタンスの売主はいないと考えた方がいいです。

中には超高級志向で相場よりも1,000万円以上高い新築戸建を手掛ける売主もいます。

しかし、そういった新築戸建は土地や建物で付加価値を造り上げ、商品価値そのものを底上げしているようなマーケット戦略のため、利益をたくさん乗せて販売しているというわけではありません。

事業資金を借り入れしていない場合もある

新築戸建を建てるにあたり、土地+建物の仕入れ減価は高いため、事業融資を受けて販売していく売主がほとんどです。

中には事業融資を受けずに現金でこれらをまかなえる会社も存在します。

現金であれば当然金利負担はないので、あせって販売する必要もありません。

そういった新築戸建での300万円の値引きというのは、ますます非現実的になってきます。

新築戸建を値引きなしで売り切る売主も多いも参考下さい。

売主主導の値引きとは別物

販売中の新築戸建の値段が下がることがあります。

多いのはだいたい100万円~200万円くらいの範囲。

売主がいわば事業計画として自主的に値引きしたということです。

その事業計画の値引きは様々な要因によって売主の会社で社内決定しています。

そのため、単純に「新築戸建がよく下がっているのをネットで見るから、値引きできるだろう」というわけにはいきません。

たまたまタイミングが合い、売主主導の値下げ計画直前にあなたが交渉をしたのなら、交渉が通ることもあるかもしれません。

しかし、そういったことはあくまで「たまたま」であると認識しておく必要があります。

率直に仲介会社に300万円の値引きができるか聞いてみる

できるかどうかは仲介会社にさぐってもらうのが一番です。

仲介の立場なので、売主にこういった聞き方ができます。

「前向きなお客さんがいるのですが、当初の予算をやや超えてしまっているため、まだ購入の踏ん切りがつかない状況です。難しいとは思いますが、価格のご相談などは可能でしょうか?」

こう言われて、悪い気のする売主さんはまずいないはずなので、値引きの可能性などを教えてくれます。

時にはこういったやりとりで、逆に「200万円くらい値引きしてでも早く売りたい」というような提案があることもあるので、やってみる価値は十分にあると言えます(※200万円というのはあくまで例です)。

ただし、300万円というのはとても大きな額ですので、売主へストレートに「300万円値引きできますか?」と聞いたところで、そっぽを向かれて、相手にされなくなるというリスクもあります。

直接売主とやりとりするのは仲介会社のため、仲介営業マンの手腕も問われます。

そういった意味では営業マンの力も大事な要素になると言えます。

新築戸建の値引き交渉術を兼ね備えた営業マンと協力することが大切!も参考下さい。

こういった工程を踏み、営業マンと相談してみて、300万円の値引きの可能性があるのなら、購入申込書に希望の購入価格を書いて意思表示します。

そして、売主から回答がくるのを待ちます。

 

おわりに

『新築戸建は300万円の値引きができる』という情報についてでしたが、ネット上に掲載されているこのような情報には全く信憑性はありません。

結論は明白で『かなり難しい』となります。

なかには、タイミングなどもあり値引き交渉が通ることもありますが、かなり稀です。

どうしても300万円の値引きをしてもらわなければ困るという場合は、仲介営業マンと相談しながら進めてみるしかないといったところが現状です。

値引き交渉については、合わせて新築戸建の値引き交渉にコツも参考下さい。