新築戸建(建売)の値引き相場は一般的にどれくらいですか?

OFFという文字が手のひらにのっている

この新築戸建(建売住宅)で決めようかなと思った時に

「値引きをお願いしたいけど、このあたりの相場なんてあるの?」

「平均していくらくらい値引きしてくれるものなの?」

と悩むことは十分に考えられます。

これは「少しでもお得に買いたい!」と考える、人間の自然な感情です。

そこで今回は『新築戸建の値引き相場の平均相場』について書いていきたいと思います。

これを読み、一つの指針として参考にしてみて下さい。

新築戸建の値引き相場は3%と言われてきた

初めに結論から言うと、最も的を射た答えは『新築戸建価格の3%』が交渉をする上で妥当だということです。

値引き交渉することを不動産業界では「指値をする」と言います。

昔から「3%が指値の相場」とよく不動産業界で言われてきました。

  • 3,000万円だと90万円
  • 4,000万円だと120万円
  • 5,000万円だと150万円

このあたりでの交渉は多い印象が確かにあります。

値引き相場というより「交渉相場」と呼んでもいいのかもしれません。

もちろん、交渉が通る通らないは全く別の話となります。

「新築戸建の値引き相場は3%」は説明がつく

3%というと仲介手数料が同じく3%になります。

仲介手数料については新築戸建の 仲介手数料の計算結果(価格別)をご参考下さい。

仲介会社を通した場合は会社によって「かかる」「かからない」が変わり、売主から直接購入する場合はかかりません。

このあたりはこちらで説明しています。

あなたが売主から直接購入する場合は、売主は3%の仲介手数料を仲介会社へ払う必要がなくなるため、単純に数字上では「3%値引きできる」という計算式が成立します。

(ですが、実際は販売経費・人件費などがかかってくるため、単純計算とはいきません)

こういった視点から考えても、3%が値引き交渉の相場ということは納得いくところとなります。

80万円・100万円の値引きが相場なのかもしれない

私の経験上値引き交渉がみごとに通った時は、80万円や100万円の値引きで契約になったことが多かったです(東京での経験となります)。

これは

  • 端数の80万円
  • 切りよく100万円

といったところで価格がまとまることが多いというのがあります。

「端数の80万円」というのは物件価格の設定に多い、3,980万円とか4,380万円などの80万円の部分のことです。

これを不動産業界では端数と呼んだりします。

一般の人が使う言葉ではないので、交渉の時には自分から言わない方がいいと思います(変にプロっぽく、慣れてると感じがするため)。

 

交渉する時には、まず、購入申込書に交渉したい金額を書きます。

この時に仲介営業マンのサポートのもとで価格交渉をすすめていきます。

営業マンは事前に「値引き交渉の余地はあるのか?」という点を売主に聞くことができます。

そこで、その返事から雰囲気などを感じ取り、「どういった金額でお願いし、交渉をどのように進めていった方がよりよいか」をあなたに提案してくれます。

「端数の80万円なら可能性はありそうです」

「100万円でやるだけお願いしてみましょう」

「3%程の交渉で挑戦して返事を頂きましょう」

など、いろいろあると思います。

あなたの気持ちもありますので、十分に相談して値引き交渉する金額を決めていきます。

そして例えば、3%(ここでは例として100万円以上)の値引き交渉をしたとします。

そこで売主からの回答が「80万円なら可能です」「100万円なら可能です」となるケースが比較的多いです。

切りがいいと言えばいいので、なにか数字的な心理も影響しているのかもしれません。

そういった意味で80万円・100万円は、実際にその値引き額を交渉したわけではないにしても、結果的にそこで落ち着くことが多いため、「平均」や「相場」と呼べると言えます。

300・500万円の値引きが相場というのは間違い!

インターネットの情報で「新築戸建は300万円値引きできる!」や「500万円値引きできる可能性がある!」というのをみかけることがあります。

こういった情報の信憑性はかなり低いものです。

新築戸建300万円の値引きは難しいでも理由を述べていますので、ご参考下さい。

 

売主が事前に仲介営業マンに「300万円(または500万円)の値引きも、今なら受けられます」と言った場合は別です。

決算前・売れ残りなどで、たまにそんな物件があるのも事実。

ですが、そうそうそんな物件がタイミング良くあるものではありません。

こういった300万円や500万円の値引きというのは現実味がないので、「それありき」で新築戸建の購入を検討していくのはやめておきましょう。

下手をすると理想ばかり高くなり、ずっと買えなくなってしまう恐れも出てきてしまいます。

そうなっては本末転倒です。

 

【結論】新築戸建の値引き相場は平均すると3%付近

結論としては、

  • 新築戸建の値引き交渉相場は平均3%あたりが多い
  • 結果、価格が折り合うのは「80万円・100万円の値引き」が多く相場と呼べる

 

私が東京23区を中心に動いているということもあり、地域によって80万円・100万円という数字には差は出てくるかもしれません。

ですがやはり、昔から不動産業界で言われてきている「3%の値引き交渉が相場」というのは平均レートとしてずれていないはずです。

売主も、そういったことを実際に想定に盛り込んで価格設定をしたりします(私自身も売主経験者です)。

もちろん、なかには値引きをしない考えの売主もいますので、交渉の余地のない新築物件もあります。

 

その時の物件の状況を踏まえて、より良い条件で購入をすることができるのが理想です。

そのためには営業マンとの関係が非常に重要です。新築戸建の値引き交渉で最も大切なコツもご参考下さい。

 

また、新築戸建の値引き交渉ばかりを考えるのではなく、誰でもできる、諸費用で3%値引きについて実践することをおすすめします。