新築戸建(建売)の価格が下がった後さらに値引き要求はできるのか?

色違いの新築戸建(建売)が並ぶ街並み

新築戸建(建売)を探し始めると「あっ、この物件の値段が下がった」なんてことが出てきます。

当初は予算内ではなかった新築戸建の値段が下がり、「あともう一声で私の予算に届く!」と思い、「さらに値引きは要求できないものか?」という状況は十分に考えられます。

自分の予算より上の物件は、どうしても魅力的に見えるもの。

そこで今回は、新築戸建の値段が下がったが、さらに値引き要求はできるのかどうかについて書いていきます。

結論

始めに結論ですが、『難しい』です。

新築戸建を売主が値下げしてから、すぐにさらなる値引きを要求するというのは、基本的にはできないものと考えておいた方が賢明です。

どうしても値引き要求をしたい場合

それでもどうしても値引き要求をしてみたいという場合もあるかもしれません。

その場合は、仲介営業マンへ頼んでみるしかありません。角が立たない言い方で売主に聞いてくれるはずです。

そこで、売主から帰ってくる返答は十中八九「値下げしたばかりなので、難しいです」のはず。

そのため、ダメで元々という気持ちで仲介営業マンに売主に聞いてもらうしかないと思います。

新築戸建の値引き交渉のコツ」でも書きましたが、こういう時こそ仲介営業マンとよく相談が必要です。

値引きがダメならダメ。可能性があるなら購入申込書で

ダメは元々で仲介営業マンに相談してみた値引きについて、売主から帰ってきたら返事が「難しい」なら、いさぎよくその時の価格で検討するしかありません。

ここで難しいという返事がきたにも関わらず、あなたが、「それでも、なんとか値引きをお願いしたいと」再度要求することは逆効果です。

普通の、仲介営業マンなら、ここで止めてくれるはずです。売主の印象を悪くしてしまっては元も子もありません。

新築戸建の売買は人と人とが関わる取引であることを忘れないようにしましょう。

 

逆に、あなたが仲介営業マンに、さらなる値引きの可能性を売主に聞いてもらった時に、「多少であれば可能性があるかもしれません」といったような回答が帰ってきた場合は、値引き交渉に入っていきます。

値引き交渉は営業マンと協力することが大切」の中でも書いた内容なのですが、新築戸建(というより不動産全て)の値引き交渉は、購入申込書を売主に提出してするものです。

買付申込書とも言われます。

どういったものかというと、簡単に言ってしまえば、「この金額であれば購入したいです」と、売主に意思表示をする書面になります。

そこに希望の価格を書き、値引き交渉をします。

 

補足ですが、お客様からよくある質問として、「購入申込書を書いたら買わなければいけないんですか?」というのが非常に多いので、ここで簡単にお答えします。

回答としては、「価格交渉、その他の条件が売主さんと折り合えば契約するものです。ですが、この購入申込書を記入して売主さんへ提出したとしても、必ず契約しなければいけないという法的拘束力はありません」と私は答えるようにしています。

要は、書面で値引き交渉をして、売主とあなたの条件が一致すれば、その新築戸建の契約に向かうが、キャンセルもできてしまうということです。

実際はキャンセルしないよう、ご夫婦で十分相談の上、真剣に値引き交渉を行うべきです。

時には80万円以下の値引き交渉が通る可能性も

新築戸建の価格が下がった後の値引き交渉は難しいのが原則ですが、経験として、80万円以下の値引きはしてもらえることもあります。

あくまで私が多く活動している東京23区で、そういった経験は何度かしてきたということです。

なぜ80万円以下が多いのかというと、新築戸建の価格に注目して頂くと、4,280万、5,480万円、6,780万円など、最後が80万円になっていることが非常に多いと思います。

この80万円を不動産業界では「端数」と呼んだりもします(端数と言うには、かなり大きな金額ですが)。

そもそも売主さんに、値引きの可能性を事前確認した時に、「端数なら可能性があります」言われることも多いです。

そうなった場合は80万円の値引き交渉を購入申込書でしていくことになります。

また、その値引きについての事前確認の時に、「50万円くらいなら」「30万円くらいなら」という数字を可能性として言われることもあります。

このあたりは、新築戸建の値引き相場の内容も参考下さい。

 

注意として、あくまで値引き交渉の可能性がある場合の話です。

そもそも可能性がない時は、1円の交渉すら難しいので理解しておいて下さい。

参考:新築戸建を値引きなしで売り切る売主も多い

おわりに

新築戸建(建売)という大きい買い物のため、たとえ価格が下がった物件でも「さらなる値引きの要求」はしたくなるのが正直な人間の感情です。

しかし、相手があってのことです。

売主に対して、あまりにも的外れな要求をしてしまっては、取引以前の問題となってしまいますので注意も必要です。

新築戸建の値引き交渉のコツでも話しているとおり、仲介営業マンと協力して進めていきましょう。

仲介営業マンはあなたよりも値引き交渉について、知識も経験も上です。

このあたりは、新築戸建の値引き交渉術を兼ね備えた営業マンと協力することが大切!を参考下さい。