新築戸建(建売)をお得に安く買うためのたった2つの方法

3つ並んだ新築戸建

新築戸建をお得に、より安く買うには2つの方法しかありません

ここでは最低でも3%安く購入するための方法は何かについて話していきます。

3%というと、4,000万円の新築戸建で実質120万円安く購入できるということになります。

それには買い方を知る必要があります

誰でもできる方法なので、ここで是非ポイントを覚えていって下さい。

新築戸建をより安く買うためのたった2つの戦術

新築戸建を買うときにはつい価格だけに目がいきがちです。

ですが、実はそれ以外にも約7%の諸費用がかかります。

7%というと非常に大きな金額。

4,000万円の新築戸建では280万円の諸費用がかかり、物件価格と諸費用を合わせると4,280万円になるということになります。

つまり、新築戸建の価格と諸費用を合わせた合計金額で買ったと言い替えられます。

ここを理解頂き、より安く購入するための2項目の話をしていきます。

2項目はずばり、

  1. 仲介手数料を無料に
  2. 価格交渉

この2項目を実行に移せば、最低でも3%以上は安く新築戸建を購入することが可能になります。

最低でもということは、それ以上安くなる可能性も残しています。

金額面でとても大きな効果があることは明らかです。

「3%くらいなら安くならなくてもいいや」と考える人はいないはずです。

実際に3%について、把握してみて下さい。

驚くべく金額であることがわかります。

こちらより→新築戸建の 仲介手数料の計算結果(価格別)

これから新築戸建の購入を考えているのであれば、このことは必ず知っておくべきです。

それでは、順に解説していきます。

①仲介手数料で3%安く

まずは新築戸建の諸費用のなかで一番コストがかかる仲介手数料です。

諸費用7%のうち3%強を占めます。

仲介手数料は買い方によって大きく変わります。

実は、ほとんどの場合、新築戸建は仲介手数料無料で購入が可能です

私は新築戸建購入にかかる仲介手数料は今後将来的になくなると思っています。

(ごく一部では例外も存在しますが)

理由は、今でも販売されている新築戸建のほとんどが仲介手数料を払わずに購入できるから他なりません。

ただ残念なのが、そのことを知らない人が多いだけ、というのが現状になっています。

「4,000万円の新築戸建を購入したけど、買い方の知識不足で120万円以上の仲介手数料を払った」

そんな話は、今後の情報化社会では必ず消えていく話になるはずです。

ですが、現段階ではまだまだ一般的とはなっていないのです。

理由は不動産取引の仕組みを理解できていないことに他なりません。

非常に簡単な仕組みなので、覚えておいて決して損はありません。

詳しくはこちらの記事に書きました。

②価格交渉ができるなら更に安くなるチャンス

いうまでもなく、新築戸建そのものの価格を下げることができれば、そのぶん安く購入できることになります。

しかし、こればっかりは相手があってのこと。

売る側もボランティアではなく事業です。

値引きができる保証はどこにもありません。

最近では新築戸建の業界も販売価格や用地仕入れの競争が激化し、値引きしてもらうことは難しくなってきているというのが現状です。

そのため、価格交渉については不確かな項目に分類されます

「安くなればいいな」くらいの気持ちでトライすることとなります。

仲介会社とよく相談の上、決めてみて下さい。

 

まとめ

新築戸建をより安く購入するために2つの項目を必ず覚えておいて下さい。

  1. 仲介手数料0円で購入(約3%節約)
  2. 価格交渉のトライ

①の仲介手数料は誰でも実行できます

システムとして、日本中のみなさんが3%以上安く購入できるということになります。

先ほども言いましたが、近い将来、新築戸建を購入する際は、仲介手数料を払わないのが当たり前の時代になるはずです。

むしろこの情報化社会のなかで、まだなっていないのが不思議なほどです。

まだ買い方を知らない人が多すぎます。

すなわち、人生でもっとも大きな買い物であるマイホームを購入するにあたり、勉強不足で挑んでいることに他なりません。

様々なメディアで宣伝されているにも関わらず……です。

近い将来では当たり前ですが、今でもやることは同じ。

是非、より安くなる購入方法を実践し、節約したお金を、引っ越しや家具、家電、お子様へ回して下さい。

 

価格交渉については、残念ながら時の運ということになります。

価格が安くなったときはストレートにそのぶん安く購入できることになるため、できるなら挑戦したいところです。

仲介会社とよく相談しましょう。