独身での新築戸建(建売)購入はあり?なし?

未婚と既婚欄のチェックボックスがあり、未婚にチェックが入っている

「独身だけど新築戸建を買いたい」と思う人へむけていろいろと考えてみました。

はじめに、購入は全然ありだと思います。

実際の傾向としては、独身ではマンション購入の方が圧倒的に多いです。

私自身も妻と一緒にお互いが独身時代に購入したマンションに今現在も住んでいます。

そこでここでは、独身でも新築戸建を購入して住みたいという人のために、購入するにあたってどういったメリット・デメリットなどがあるのかを考えていきたいと思います。

独身の男女ともに新築戸建購入は可能!

独身でも男女問わずに新築戸建に住みたいという人もいると思います。

まずはじめに、独身でマンション購入は聞くけど、新築戸建を購入するというのはそもそも可能なのか?というところです。

これは全く問題ありません

一番気にするところは、住宅ローンのところだと思います。

確かに銀行からみたら、「なぜ独身なのに戸建?」とはなりますが、全く問題ありません。

まず基本的なところで、男女ともに住宅ローンが通れば問題なく購入可能であるということです。

独身なので住宅ローンが心配という方へ

基本的に独身でも住宅ローンは借りられます

私も独身時代に住宅ローンを組み、新築戸建ではありませんが、マンションを購入しました。

しかし、家族がいるほうが審査に少しは有利というのは確かな事実です。

審査する側としては、健康であり、働いていて住宅ローンの審査規定の年収があれば可ということになります。

ですが「なぜ独身なのに大きな戸建を買われるんですか?」とか「ご家族が増える予定があるのですか?」など聞かれるかもしれません。

そういった質問がきても、正直に回答しておけば大丈夫です。

独身なので投資用購入だと思われる可能性も

マンションに特に多いのですが、独身購入での購入の場合、銀行に投資目的の購入ではないかと思われてしまうこともあります。

これは、新築戸建でもまたしかりです。

ようするに、購入後に賃貸で貸すのではないかと思われてしまうことです。

住宅ローンは購入者の居住用のために融資するものであり、賃貸収入を目的とした投資向けローンではありません。

低金利のため、貸すと利益が出るのが通常です。

そういったところで、独身であるというのはやや投資目的なのか疑われやすいといった側面をもっています。

普通に自分で住む限りは全く問題ありません

独身は戸建ではなくマンション購入がいいのか?

独身で戸建を購入するのではなく、マンションを購入を検討する人は多いと思います。

実際、私もそうでした。

そこでいくつか考えてみます。

独身マンション購入のメリット

まずはマンションについてです。

毎月の家賃より住宅ローンの方が安い

毎月の家賃というランニングコストに対して、住宅ローンを組むことで、自分所有のマンションに、より安い支払いで住むことができます。

こういった考えで、若い独身のうちから男女ともにマンションを買う人は多いです(戸建購入でも同じことが言えますが)。

私もこの考えで購入しました。

広さを選べる

広さを選べるのもマンション購入メリットの1つです。

独身ということで、戸建ほど大きな広さは必要ないはずです。

そこで、一人暮らしむけの広さのマンションを選び購入するということができます。

さらに、住宅ローン減税も利用できる50平米以上のマンションの購入はより魅力的です。

しかし、後に家族が増えた場合には手狭となるため、賃貸に出すか売却するかといった選択をする必要が出てきます。

独身新築戸建購入のメリット

一方で独身での新築戸建の購入メリットについて考えてみたいと思います。

永住するなら絶対にメリット大

独身時代は将来の人生がどうなるのかは正直わかりません。

結婚をして、お互いの仕事先などの関係で住むエリアを決めるかもしれません。

そういう意味で、独身にとっては新築戸建は広すぎるかもしません。

広いがゆえ、独身サイズのマンションより価格が高くもなります。

ですが、考え方を変えてみると、長く住む場合は大きなメリットとなります。

より早く将来の住居に対して支払いをスタートさせることになるので有利です。

住宅ローンが完済すれば、あとは固定資産税などの税金と修繕費用のみで生活場所を確保できることになります。

ですが、やはり大きな買い物のため、若いうちに決断するのは精神的に勇気がいるといったところも出てきます。

戸建は賃貸需要がある

例えば、独身時代に新築戸建を購入しても、結婚をして別のエリアに住むために引っ越すかもしれません。

その場合は、売却も選択肢の一つですが、貸して賃貸収入を得ていくというのも一つの手になります。

戸建の賃貸物件は需要に対して供給が少なく、貸すことはそんなに難しくはありません。

独身時代に35年の住宅ローンを組んで購入していることを想定すると、賃貸で貸した場合は毎月黒字になるはずです。

新築戸建を購入していた場合は、設備関係も新品なので、新たに設備を取り換えるといったような支出面も当面出てこないはずです。

とはいってもやはり、理想はずっとその戸建に住み続けることが良いのには変わりありません。

ただ、状況に応じて対応は可能であるといったところです。

※賃貸に出す場合は、住宅ローンを借りている金融機関の規定をしっかり確認しましょう。2019年には「投資目的マンション購入にフラットを利用」という問題もありましたので。

独身でマンションを買い新築戸建に買い替えという作戦

この作戦は非常に多いです。

独身時代に住宅ローンを組んでマンションンを購入している人は男性、女性問わず多いです。

結婚や子供が増えた時を機に、マンションを売却して新築戸建へ引っ越します。

買い替えというと一般の人にはなじみがないと思いますが、現代の不動産売買の流通システムの下では心配なく買い替えはできます

買い替えのタイミングについては、仲介会社と相談して実現することとなります。

 

また、買い替えではなく、マンションを賃貸に出して新築戸建を購入するといった方法もあります。

例えば、今の時代の流れで多いのが、結婚をしてから奥さんが独身時代に購入して住んでいたマンションに最初は二人で住む。

そして、将来を考え新築戸建購入を決意。

新築戸建は旦那さん名義で住宅ローンを組んで購入。

引っ越し後は、奥さんのマンションを賃貸に出して貸し賃貸収入を得ていく、といったケースです。

分譲のマンションは賃貸専用の物件よりも、設備やセキュリティなどのグレードが高いのが普通であるため借り手はつきやすいといった特徴もあります。

※繰り返しとなりますが、賃貸に出す場合は、住宅ローンを借りている金融機関の規定をしっかり確認しましょう。

独身だから新築戸建を購入より賃貸で借りたほうがいいのか?

これは圧倒的に購入の方がいいと思います。

あくまで1年とか短期で引っ越しをする場合をのぞいてです。

理由としてはまず、戸建は広く、土地つきのため賃料がそれなりに高いです。

時代は低金利時代。住宅ローンを利用して、購入してしまったほうがはるかに支払額も安いくなります。

購入の初期費用には物件価格の約7%がかかると一般的にはよく言われますが、これは約4%に抑えることが可能です。

そのあたりについては、新築戸建(建売)をよりお得に安く買うためのたった2つの方法を参考下さい。

賃貸でも、引っ越しにあたり初期費用はかかります。

そのため、新築戸建を賃貸で借りるというのであれば、購入をおすすめします。

独身でも住宅ローン減税は利用できる!

また、購入のメリットとして住宅ローン減税があげられます。

住宅ローン控除と呼んだりもします。

住宅ローン減税についての説明をするとここでは長くなるので省略しますが、毎年最大で40万円~50万円のお金が戻ってきます。

これが10年間続く制度であり、新築戸建の場合はさらに3年間条件付きですが、より多くのメリットを受けられます(※2020年2月現在)。

これは非常に大きなメリットです。

借入額にもよりますが、住宅ローン減税の還付金で、固定資産税の年額を払っていける計算にもなります(10~13年間)。

賃貸でも2年に1回は更新料が発生します。

そこを考えても、やはり新築戸建は賃貸よりは購入を強くおすすめします。

独身で新築戸建を買った場合に考えられること

間取りとして広い

独身者にとって一人で住むには新築戸建の間取りは広いはずです。

本来ファミリー向けに3LDK以上の間取りで建てられていますので、当然広いはずです。

少し寂しくなったりもするかもしれません。

電気代が高い

電気代についても広いがゆえに高くなります。

リビングに3人いようが、1人でいようが、同じ暖房代がかかりますので負担としては割高になると言えます。

さらに、マンションは鉄筋コンクリートでできており、部屋があたたまりやすく、熱の保温効果も長く続きますが、新築戸建は普通は木造であり、マンションよりも温まりにくく寒いです。

セキュリティをどうするか

独身ということで日中はお勤めに出ると思います。

そうなると、家を空ける時間が長くなります。

戸建はマンションよりも防犯が弱いです。

空き巣対策で、面格子を追加したり、SECOMなどのセキュリティシステムの搭載を考える人もいると思います。

町内会加入のお誘いがくる

どの地区にも町内会は存在していますが、単身者が多いマンションなどには加入の誘いは通常きません(マンション全体で加入しているケースが大半)。

新築戸建に住むと、引っ越し後に町内会のお誘いがやってくると思います。

そこで、独身なので加入するかしないのか、どちらになるのかはわかりませんが、とにかく個人的にお声はかかると思います。

うらやましがられる

当然、独身で新築戸建を購入ともなると、周囲の友達や会社の人達にもうらやましがられそうです。

家にいろいろな人たちも遊びに来てくれそうです。

また、ゆとりある広さで自分の好きな家具を揃えたりもできるので、ストレスもなく快適に過ごせると思います。

恋人や友達とも住める

恋人と同居を考えた時に、新築戸建に住んでいれば広さ的にもすんなり同棲生活をスタートさせることができます。

また、自分の荷物でどの部屋もいっぱいということはないはずなので、友達と一緒に住むこともできます。

婚約中なら新築戸建の購入もおすすめ

現在婚約中の二人の家探しにおいては新築戸建購入もおすすめです。

結婚前でも二人で住宅ローンが組めますし、二人とも働いていれば共に住宅ローン減税も受けることができます

住むエリアがおおよそ決まっていれば、結婚前でも新築戸建を購入することも一つの選択肢としていいと思います。

将来的に何人の子供に恵まれるかわからないため、新築戸建の間取りや広さなど、どうすればいいのかといった不明確なところがあるのも事実です。

そのあたりは二人で話しあって、購入するならご両親にも相談されるといいと思います。

 

一つの選択肢として、結婚前に初めから新築戸建を購入して新居を構えるというのもおすすめの一つです(もちろんマンションでも)。

不動産なので、購入後でも生活状況に応じて売ったり・貸したりといった戦略もとれるため、そのあたりは安心していいところです。

 

まとめ

独身での新築戸建購入について考えてきましたが、結論から言えば「あり」だと思ってます。

しかし、わたしのように不動産業に従事している人間にとっては「買う」ということに対して大きな抵抗はないですが、一般の人からみればちょっと独身での新築戸建購入は早すぎると考えるのが正直なところ普通でもあります。

 

現代の低金利で借りることのできる住宅ローンは非常に魅力的です。

固定金利にしてしまえば、35年間は低金利です(繰り上げ返済も無料があたり前です)。

月々の支払についても、同じ広さの物件を借りた場合の家賃と比較すると購入した方がよっぽど安くなります。

さらに住宅ローン減税の恩恵を受けることもできます。

 

最後に結論として、戸建に住みたいという方にとって、独身であろうが新築戸建の購入は十分選択肢の一つに入るということです。

賃貸で戸建を借りるよりメリットは明らかに大きいです。

そのため、検討する価値は十分にあります